副交感神経系に作用して連続射精も可能なプリリジー

早漏は、副交感神経系から交感神経系への切り替えが急激に行われることによる症状で、脳内に分泌された物質により興奮してしまいコントロールが効かなくなってしまったことが原因です。なぜこのような状態になるのかは、病気やストレスに見舞われた時に分泌される脳内物質の作用によるものです。つまり、この物質が何らかの原因で活性化したことにより、早漏となってしまうということになります。

プリリジーは、この物質を鎮静化させるセロトニンの濃度を一定に保つという治療薬であり、早漏の治療薬として世界60カ国以上で使用されています。プリリジーを使用することで、副交感神経系からの切り替わりに時間がかかる様になるので、射精までの時間も延びることになります。臨床試験では、プリリジーを使用したことにより3倍から4倍時間が長くなったという結果が出ています。

この様に、副交感神経系からの切り替えがコントロールできるようになるということは、早漏を防止できるというだけではなく連続射精も可能ということになります。これは、自分の意思により勃起と射精ができるようになるからで、不意に射精してしまうという症状が解消されることによるものです。

つまり、プリリジーは単に早漏防止だけを期待できるということではなく、連続射精などの性生活をトータルで充実させられる可能性を期待できます。ただし、精力自体を増強する様な成分は配合されていないので、連続射精するとそれだけ体力は消耗してしまいます。あくまでも精神のバランスを整える作用がある物資の脳内濃度をキープするということが具体的なプリリジーの効果であり、それ以外の部分については副次的な作用によるものだからです。

Copyright © プリリジーと早漏トレーニング,All rights reserved.